北国の神秘展

今回は北の国々の美しい音楽を集めました。リリース時期は1980年代~2010年代と様々ですが、これらの音楽はいずれも、“沈痛”と“鎮痛”の両方の性質を併せ持っています。その間の往復は、心の奥底からのじんわりとした感動を呼び起こします。
痛みと慰めを内包する音楽には、モノクロや青色がふさわしい。ちょうど神秘的なグラデーションのようになりました。
以下、9点のアートワークをご覧ください。


<凡例>
アーティスト名 – 曲名 (リリース年)
地域
レーベル名


1.The Radio Dept. – Clinging to a Sheme (2010)

Lund, Sweden
Labrador Records


2.Kyte – Dead Waves (2010)

Leicestershire, England
Rallye Label


3.Пожар – Глупые Вещи (2016)

Moscow, Russia
Perfect Aesthetics


4.Lust for Youth – Growing Seeds (2012)

Gothenburg, Sweden
Sacred Bones Records


5.The Moody Blues – Long Distance Voyager (1981)

Birmingham, England
Threshold Records


6.Popface – Eleven Pieces of a Broken Heart (2006)

Stavanger, Norway
Checkpoint Charlie Audio Productions


7.Vashti Bunyan – Heartleap (2014)

Edinburgh, Scotland
Fat Cat Records


8.Группа Хмурый – Kartina 4, No. 18​/​11 (2018)

Moscow, Russia
DTH Records


9.Echo & the Bunnymen – Ocean Rain (1984)

Liverpool, England
Korova

2019.05.06 – 音たどる遊覧 ’19

Nur

関連記事

  1. 無垢な心展

    幼き子供の無垢な心に表現を委ねる作品は、数多く存在する。時に純情な…

  2. シンボリックハンド展

    人類の歴史上、長きに渡ってコミュニケーションにおける重要な役割を果…

  3. 想像膨らむイラスト展

    イラストメイクのアートワークを取り寄せました。何を思って描いたのか…

  4. 千変万化の大海原展

    地球を青く染め上げる海。人との関わりも深い大海原は、季節や天候、色…

  5. 息を呑む余白展

    あえて空間を作ることで描かれた部分をより強調し、特別な雰囲気を生み…

  6. 美しい生命展

    同じ星に生きる様々な生き物たち。饒舌な人間とは対照に、本能が織り成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP