千変万化の大海原展

地球を青く染め上げる海。人との関わりも深い大海原は、季節や天候、色味や景色によって、全く違った表情を見せる。アートワークに海を起用した作品の音楽性もまた、青々しい爽快なロックサウンド、神秘的な表情を見せるアンビエント、思い出深い情景が蘇るシューゲイザーなど多種多様。

唯一無二の海という存在が見せる千変万化の表情をご堪能ください。


<凡例>
アーティスト名 – 曲名 (リリース年)
地域
レーベル名


1.スピッツ – 君は太陽 (2009)

Tokyo, Japan
UNIVERSAL J


2.SEKAITEKINABAND – NEW (2017)

Nagoya, Japan
PROVOKE ASSOCIATION


3.Cloud Nothings – Life Without Sound (2017)

Cleveland, the United States
Carpark Records


4.Pool Kids – Borderline (2018)

Florida, the United States
Pool Kids


5.Loyle Carner – Not Waving, But Drowning (2019)

South London, England
An AMF / Virgin EMI Records


6.RIDE – Nowhere (1990)

Oxford, England
Sire Records


7.Oasis – Don’t Stop… (2020)

Manchester, England
Big Brother Recordings Ltd


8.Emily A. Sprague – Water Memory (2017)

New York, the United States
Self Released


9.Teenager in love – 君とみた海 (2017)

Nigata, Japan
Nozomi Tracks

“このまま”がバンドの目指す場所

illustration:げなくユウタ

関連記事

  1. 北国の神秘展

    今回は北の国々の美しい音楽を集めました。リリース時期は1980年代…

  2. 無垢な心展

    幼き子供の無垢な心に表現を委ねる作品は、数多く存在する。時に純情な…

  3. 想像膨らむイラスト展

    イラストメイクのアートワークを取り寄せました。何を思って描いたのか…

  4. 息を呑む余白展

    あえて空間を作ることで描かれた部分をより強調し、特別な雰囲気を生み…

  5. 美しい生命展

    同じ星に生きる様々な生き物たち。饒舌な人間とは対照に、本能が織り成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP