シンボリックハンド展

人類の歴史上、長きに渡ってコミュニケーションにおける重要な役割を果たしてきた「手」。物を操る部位でもありながら、時には感情や意志を巧みに表現するなど、「手」は言葉以上の表現力を持っています。

最もシンボリックな部位と言っても過言ではない「手」という存在をアートワークに取り入れた音楽は、一体何を表現しているのか。9つの作品を集めましたので、ぜひご堪能ください。


<凡例>
アーティスト名 – 曲名 (リリース年)
地域
レーベル名


1.Sea Oleena – Shallow (2014)

Montreal, Canada
Lefse Records


2.Tiny Moving Parts – Swell (2018)

Minnesota, the United States
Triple Crown Records


3.Hater – You Tried (2017)

Malmo, Sweden
PNKSLM Recordings


4.oOoOO – Our Loving Is Hurting Us (2012)

San Francisco, the United States
Nihjgt Feelings


5.Godspeed You! Black Emperor – Lift Your Skinny Fists Like Antennas to Heaven (2000)

Montreal, Canada
kranky


6.BAMBARA – Stray(2020)

New York, the United States
Wharf Cat Records


7.Oeil – Myrtle (2016)

Tokyo, Japan
Submarine


8.Official髭男dism – 宿命 (2019)

Tokyo, Japan
PONY CANYON INC.


9.Stars – Set Yourself on Fire (2005)

Montreal, Canada
Arts & Crafts International

Nap Time

chillbill.

関連記事

  1. 想像膨らむイラスト展

    イラストメイクのアートワークを取り寄せました。何を思って描いたのか…

  2. 無垢な心展

    幼き子供の無垢な心に表現を委ねる作品は、数多く存在する。時に純情な…

  3. 千変万化の大海原展

    地球を青く染め上げる海。人との関わりも深い大海原は、季節や天候、色…

  4. 美しい生命展

    同じ星に生きる様々な生き物たち。饒舌な人間とは対照に、本能が織り成…

  5. 北国の神秘展

    今回は北の国々の美しい音楽を集めました。リリース時期は1980年代…

  6. 息を呑む余白展

    あえて空間を作ることで描かれた部分をより強調し、特別な雰囲気を生み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP