大窓から光差し込むデザイン空間

存在感のある大窓から、広々とした景色が広がる。

そこは地方都市の住宅街。

一軒家が立ち並ぶ中にある10階建ての建屋から、あたり一面の眺めを独り占めできてしまう。

特徴的な間取り。天井まで4mという、実に余裕のある大空間。

壁はコンクリート打ちっ放しをベースとしつつ、一部コルク張り。

奥ばったスペースには作業用デスク。

内見時に「洗濯物スペースとしておすすめ」と言われたが、そんな使い方はしない。

ひときわ存在感を放つ大窓は、高さ実に3.2m。当然、カーテンは特注。

南から大量の日光が注ぎ込み、朝方から日中の心地よさは抜群。

カーテンを閉じると威圧感が出るため、閉じられることはない。

左奥スペースの窓は高さ1m未満。短すぎてこれも実は特注。

夜もまた良し。

明るすぎない地方都市の控えめな夜景が広がる。

作業スペースには3球のエジソンバルブ。

光量を落としたライティングを使い、叙情的な夜の雰囲気を楽しむ。

リビングは木造りの家具とグリーン系のアイテムで統一。

コルク張りを素材感を押し出すため、テレビ台に敢えてグリーンの布をかけ、木目調を隠す。

真ん中にはワンポイントのギアクロック。歯車稼働の人工マテリアル。

そして両サイドには、紙ジャケットの音楽作品が並ぶ。幸せ。

背面のコルク壁には、margherita製のジャケットフレーム。

好きなものに囲まれる暮らしは、やはり幸せだ。

大窓から差し込む光は、時間帯ごとに特徴的な空間を作る。

そして時々に合う音楽をかける、感情豊な暮らし。

幸福度の高い暮らしである。

和の国の稀有なアート性

無垢な心展

関連記事

  1. コンクリート素材の静かな音空間

    コンクリートの壁に囲まれた、シックな雰囲気漂う空間。静けさが窺える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP