コンクリート素材の静かな音空間

コンクリートの壁に囲まれた、シックな雰囲気漂う空間。

静けさが窺える空間に作曲用のデスクとスピーカーを設けている。

音がよく響くだろう。

限られたスポットライティングも特徴的。

直接部屋を照らすことなく、コンクリートの壁に反射する光を駆使した間接照明。

明るすぎず、暗すぎず、絶妙な明度を保つ。

光が当たらない箇所を作ることで、より一層コンクリートの素材感が引き立っている。

デスク周りも多くのこだわりが見て取れる。

コンクリート素材だけでは硬さが際立ちすぎるところに、木の素材のデスクを取り入れて、柔らかな温もりを置く。

良い意味でのシックさ加減を保つ、深みのある濃い色合いの木目調。

また、デスクの縁が黒の鉄素材である点も注目。

この縁が硬いコンクリート素材と柔らかい木目素材をうまく結びつけて、素材違いの違和感をなくすポイントになっている。

デスクの木目調の柔らかさを際立たせるため、敢えてその他のアイテムに木の素材は取り入れず、黒で統一する。

スピーカーの高さ調整として、コンクリートブロックを使っている点もワンポイント。

表面が茶褐色のコンクリートブロックを使用することで、一面のコンクリート素材と木目調のデスクの調和にも効いている。

空間全体がシックな仕上がりのため、ジャズマスターのヘッドが存在感を放つ。

デスク下も一工夫。

作曲デスクは電源コード類が煩雑になりがち。

ダークグリーンの布を使い、なるべく電源コードは見せない。

また、デスクの木目調だけではコンクリートの硬さにまだ負けてしまう部分に、包容力のある柔らかさを足し込む。

敢えて、カーテンはつけない。

音楽関連のアイテムは、あらゆる箇所でインテリア要素を多分に発揮する。

デスクと合わせた木目調に、黒い鉄素材の立脚が目立つラダーシェルフ。

作曲だけではなく、純粋にリスナーとして音楽を楽しむ。

レトロ音質を楽しむためのラジカセ。差し色にしようか迷った。

しかし今回のコンセプトは、主張しない静かで温かみのある音空間。

控えめなベージュで決まり。

Rodentia Collectiveで購入した「aspidistrafly」の名盤がお出迎え。

共に過ごしてきた楽曲たちの溜まり場。宝物庫。

オレンジオイルもワンポイント。

そんな音空間で過ごす日々。日当たりだけが悩み。

感情溢れるメロディックインスト

情景浮かぶノスタルジックな音楽

関連記事

  1. クラシック色の海岸線

    まずはこの一曲を聴いてほしい。ギターリフの多重な重なりが美しいイン…

  2. 雪降る山岳、領する宗教都市

    音楽に注目してゲームの世界を歩く。初回は「FINAL FANTAS…

  3. 大窓から光差し込むデザイン空間

    存在感のある大窓から、広々とした景色が広がる。そこは地方都市の住宅…

  4. 深い霧の先へ/涙と決意

    とある曲について、歌詞の向こうの景色を追ってみようと思う。(本記事の内容は…

  5. 「存在すること」と「生きる意味」

    藍坊主が楽曲を通して、何度も何度も問いかけてくる「存在すること」と「生きる…

  6. 新譜が流れ込むタイムライン構築

    良質な音楽を求めて、様々なメディアサイトを探す。しかし、昨今では音楽メディ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP